スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出24

合宿の発表ライブは、四日目の朝から夕方まで、がっつり行われます。

数十人が入れる大きなスタジオで、簡単なステージもあり、PAや照明も自分たちでやります。

さすがに長丁場でみんな疲れるので、座布団に寝っ転がったりしながら。


ここでみんなの演奏を見ることにより、ああこの人はこういう演奏が得意なんだなーとか、おお、この人こんなにうまかったんだーとか、サークルのメンバーの認識が改められたりします。

この合宿で軽い気持ちで組んだバンドが良かったりすると、合宿後もそのバンドを継続して、その後のイベントや秋の学園祭に出演することになったりもします。


僕がやったソバットとブラフマンのコピーは、まあこの時点としてはなかなか良い演奏ができた記憶があります。

そしてブラフマンのコピーバンドの方は、その後も継続してやっていくことになります。


また、当然同じパート、僕の場合はドラムですが、先輩の演奏とかは、特に注目してしまいます。

当時僕には、尊敬するドラムの先輩が2人いて、両方ともタイプは全然違うのですが、パワフルでかっこよくて、こういう風になりたいなーと思っておりました。

やはりその先輩たちはすごい人気なので、たくさん合宿バンドを組んでおり、この発表ライブでもたくさん色んな演奏が見れて、改めて尊敬することになります。

長万部にいたころは、基本的に「お手本的存在」がいなかったため、その分視野もものすごく狭かったのですが、このように先輩という存在が初めてできてからは、直接ドラムを教えてもらったりとか、演奏を見させてもらったりして、とても良い刺激を受けることができるようになりました。


そんなこんなで、色々お勉強もしつつ、真面目モードはここまで。

ライブが終わると、阿鼻叫喚の合宿飲み会がスタートします。

この合宿で使わせてもらってるホテル、僕が記憶しているだけで10年くらいは使ってるはずなのですが、あんだけ迷惑かけられて、よく出禁にならないもんだと思います。


そして次の日は、みんなぐったりしながら帰路につきます。

楽しかったし、色々有意義な合宿でした。

ちなみに僕が入ってる空手サークルの合宿も夏休みにあったのですが、そちらはサボってしまいました。



つづく
スポンサーサイト
プロフィール

ソータ

Author:ソータ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。