スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出37

さて、4月になり、新しい年度が始まりました。(ちなみにこれは2001年4月の話)

僕は見事留年し、母親に土下座致しました。

二回目の二年生というわけです。


しかしサークルでは、一応学年が一つ上がったという扱いになります。

去年は自分が新入生的な扱いだったのですが、今回は新入生を迎える立場になります。
新歓というやつですね。

僕らだけではなく、学内の各サークルや部活は、より多くの新入部員を獲得するため、ビラ撒きや新歓イベント、新歓飲み会等に力を注ぎます。


音楽系サークルは、例によって教室ライブをおこなって、それを新入生に見てもらい、新入部員の獲得を狙います。

また、学園祭のように中庭でもライブもおこない、そこでもサークルをPRします。
ただしこのときの機材は、プロの業者さんに依頼したものではなく自前の物なので、クオリティはかなり低いです。

教室ライブにはたくさんのバンドがエントリーしますが、中庭ライブは2バンドのみで、その時点のサークル内の強者バンドが一つと、聴きやすさ重視で女の子ヴォーカルのバンドが一つ、という感じになることが多かったです。


僕は教室ライブの方に、去年の合宿から継続していたブラフマンのコピーバンドで出ることになりました。


ここで少し話は変わりますが、当時の傾向として、ある一定期間以上同じメンバーで継続したコピーバンドでは、次に「オリジナル曲」をやってみたくなる。という現象があったように思います。

つまり、調子に乗ってくるというわけです。

僕らのブラフマンのコピーバンドでも、まんまとこの傾向にはまり、オリジナル曲を作ることになりました。

今考えても、ものすごくレベルの低い曲だったかと思いますが、とにもかくにも、このときが人生初のオリジナル曲を演奏するという体験となりました。

その曲を新歓ライブの時に披露することとなりました。


しかしなんということでしょう。

約半年以上継続し、曲がりなりにもオリジナル曲まで作ったこのバンドでしたが、ヴォーカルとギターの不仲により、新歓ライブの直後に解散する羽目になったのでした。

楽しい楽しいバンド活動ですが、やはり継続するということには色々な問題があり、とてもエネルギーが要ることなのだと実感したのでした。

…思わず新歓の話から離れてしまいました。


次回は新しく入ってきた新入生、つまり僕にとっての人生初の「後輩」という存在ができたことについて書きます。



つづく
スポンサーサイト
プロフィール

ソータ

Author:ソータ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。