スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出7

そして学校が夏休みに入りました。

大半の学生は、実家に帰ります。


僕も例にもれず実家に帰ったわけですが、羽田空港に着いた時の衝撃はいまだに忘れません。

いや、別に何があったというわけではないのですが、3ヶ月以上田舎で過ごしますと、久しぶりの巨大な鉄筋の建造物に単純に感動してしまったのです。

人間ってすごいっす。


家に帰ってとりあえず一息ついた後、やはり考えてしまうのはドラムのこと。

長万部では環境に恵まれ、無料で短時間とは言えほぼ毎日ドラムを叩けていたわけですが、実家に帰るとさすがにそうもいかない。

そのときはまだ、一般的なスタジオでドラムの個人練習をやるという知識がなかったため、どうしようか困ってしまいました。


そこで、僕はドラムセット型の練習パッドを買うことにしました。

金属のフレームにゴムのパッドを取り付け、ちゃちなスタンドにプラスチックのシンバルを取り付けるもので、価格はたしか一万五千円くらいでしたか。

叩き心地は本物のドラムセットとは全然違いますが、まだまだ初心者の自分としては、スティックを振った数がそのまま上達に直結しますので、その意味では十分な物でした。


しかし夏休みの間、生のドラムセットにまったく触らなかったかと言えばそうでもなく、かねてよりの目標であった、高校時代の軽音楽部の友達に、スタジオで遊んでもらったりもしました。

そしてドラマーの友達に、いろいろ教えてもらうことになります。


ここで、僕は自分がとんでもなく低いイスでドラムを叩いていたことと、不必要にぶっといスティックを使用してしまっていたことに気づかされます。

早速スティックは、そのドラムの友達の薦めでTAMAのH214Bというのを使ってみることにしました。

それまで使っていたものと比べて軽すぎて違和感がありましたが、とりあえずこれに慣れることにしました。

そしてドラムとは関係ありませんが、髪もピンクから茶色に変更しました。

色々修正された夏休みでした。



つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソータ

Author:ソータ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。