スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出15

そうこうしているうちに、学校は冬休みに突入します。

北海道の冬はやはり厳しいので、冬休みは関東の学部に比べて長めに設定されていたように記憶しています。


関東に戻った僕は、お茶の水でスネアを買いました。

TAMAのスタークラシックの薄めのやつだったと思います。

初のマイスネアにだいぶ興奮しました。


現在は僕はどちらかといえばPearl信者ですが、そう言えば当時はTAMA信者だったのでしょう。
スティックもツインペダルもTAMAだったし。

ちなみにエソール会館のドラムセットはYAMAHAでした。


ドラムを叩く多くの人は基本的に、ドラムセット自体はライブハウスの物であるとか、スタジオの物を利用させてもらい、一部(スネアとかペダルとかイスとか)を自分の物を持って行って使用するというパターンが多いようです。

スネアとペダルは、一番最初に相棒として入手したくなりやすい楽器と言えると思います(スティックは除く)。


とは言え、ドラムの器材は、ギターやベースなどと違い、買う時に試奏がしづらいものであるように思います。

スネア単体で店頭で叩かせてもらってみても、かなりの経験値か天性のセンスでもない限り、いまいちピンと来ないのではないでしょうか。


最近では、楽器屋に小型の防音室があり、その中で実際のドラムセットごと試奏できるところも増えていますが、当時はそういう楽器屋は少なく(と言うか当時の僕はそういうシステム自体知らず)、店内でスネアだけで遠慮がちにポコポコ叩いてみて判断するしかありませんでした。


そんなわけで、当時の僕にとって試奏はほぼ無意味であり、単純に見た目と値段で決めてしまいました。

ちなみにツインペダルは北海道にいるときに通販で買ってしまったので、試奏もクソもありませんでした。


しかしやはり自分の楽器は入手すると嬉しいもの。

練習にも今まで以上に熱が入ります。


とは言え、これを本格的に叩けるのは冬休み明けになるのですが。



つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソータ

Author:ソータ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。